So-net無料ブログ作成

未就学児インターナショナルスクールが乱立している件① [英語]

昨日の記事で Asahi Weekly が4月からリニューアルし

新聞記事の一部がiphonアプリで読み取るだけで音声再生ができるようになると

紹介しました。

親の英語熱、加速しつつありますよね。

インターナショナルスクールというと、値段が半端なく高いというイメージを持つかもしれません。しかし、最近、無認可幼稚園という形で、どんどん出来始めたせいか、値段は 私立の小学校へ行かせる位のお値段です。 

インターナショナルスクールには2種類あります。

1、老舗の幼、小、中、高 とつながっているスクール。

海外の外交官の子供や外国人国籍の子供が通うためのスクール。日本人の子供も通えるが、小学校、中学校から入る場合はある程度の英語力が必要である。学費は東京で、200万以上。それ以外は150万以上

2、新設のインターナショナルスクール。

幼稚園のスクールが多い。多くは無認可のスクールである。都内では、敷地が狭く、運動場がない所が多い。ビルのフロアを借りて営業しているところもある。小学校も最近出来始めた。独自の教育カリキュラムを組むところが多く、英語と日本語のバイリンガルを目指すところが多い。親の英語力は不要。値段は60万から80万位(年間)と、リーズナブルなのが注目されている。

 注意点

2、の新設インターナショナルスクールで気を付けておきたいのが、日本人がやたらと多い事である。学校を注意深く選ばないと、日本語が飛び交う環境で先生だけ英語ということになりかねず、子供の言語習得時の大切な時期に 英語も日本語も 中途半端に成長しかねないということになりかねない。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます